MENU

43,691句*の頂点が決定!43,691句*の頂点が決定!

第32回第一生命サラリーマン川柳コンクール 全国ベスト10決定!第32回第一生命サラリーマン川柳コンクール 全国ベスト10決定!

毎年恒例の第一生命「サラリーマン川柳コンクール」、略して「サラ川」。全国から寄せられた、43,691句の中からサラ川ファン107,444名の投票によって選ばれた栄えあるベスト10の発表です!毎年恒例の第一生命「サラリーマン川柳コンクール」、略して「サラ川」。全国から寄せられた、43,691句の中からサラ川ファン107,444名の投票によって選ばれた栄えあるベスト10の発表です!

  • 第1位 五時過ぎた カモンベイビー USAばらし 盆踊り(60代/女性)第1位 五時過ぎた カモンベイビー USAばらし 盆踊り(60代/女性)
  • 第2位 いい数字 出るまで測る 血圧計 とん吉(80代/男性)第2位 いい数字 出るまで測る 血圧計 とん吉(80代/男性)
  • 第3位 メルカリで 妻が売るのは 俺の物 島根のぽん太(50代/女性)第3位 メルカリで 妻が売るのは 俺の物 島根のぽん太(50代/女性)
  • 第4位 ノー残業 趣味なし金なし 居場所なし リトルプー(40代/男性)第4位 ノー残業 趣味なし金なし 居場所なし リトルプー(40代/男性)
  • 第5位 「やせなさい」 腹にしみいる 医者の声 べごちゃん(不明)第5位 「やせなさい」 腹にしみいる 医者の声 べごちゃん(不明)
  • 第6位 やっと縁 切れた上司が 再雇用 アカエタカ(60代/男性)第6位 やっと縁 切れた上司が 再雇用 アカエタカ(60代/男性)
  • 第7位 手紙書き 漢字忘れて スマホ打ち 忘却の人(40代/男性)第7位 手紙書き 漢字忘れて スマホ打ち 忘却の人(40代/男性)
  • 第8位 下腹が 気づかぬ内に ひょっこりはん のあ(20代/男性)第8位 下腹が 気づかぬ内に ひょっこりはん のあ(20代/男性)
  • 第9位 U・S・A 流行りにのれない まあいっさ しん(20代/男性)第9位 U・S・A 流行りにのれない まあいっさ しん(20代/男性)
  • 第10位 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」 国語辞典(70代/男性)第10位 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」 国語辞典(70代/男性)

*2018年度地元サラ川応募数含む。※第5位は地元サラ川入選句。

第32回 サラ川の「傾向」と「総評」第32回 サラ川の「傾向」と「総評」

 今回は、平成最後となるサラリーマン川柳でしたが、働き方改革をはじめ、定年延長や再雇用を詠んだサラリーマンの悲哀やユーモアが込められた作品が多く寄せられました。
 また、モノなどを他人と共有するシェアリングエコノミーといった時代を反映した句も見られました。そんな中、栄えある1位を射止めたのはこちらの作品です。

第1位 五時過ぎた カモンベイビー USA(うさ)ばらし 盆踊り(60代/女性)第1位 五時過ぎた カモンベイビー USA(うさ)ばらし 盆踊り(60代/女性)

 仕事で溜まったストレスはスカッと発散したいというサラリーマンの気持ちを流行曲に合わせて上手く表現された作品です。昭和の頃によく言われていた「アフターファイブ」が平成の終わりにこのような形でつながりを見せたことも幅広い年代に支持された理由の一つでしょう。

ノー残業 趣味なし金なし 居場所なし リトルプー やっと縁 切れた上司が 再雇用 アカエタカ 再雇用 昨日の部下に 指示仰ぐ 白いカラスノー残業 趣味なし金なし 居場所なし リトルプー やっと縁 切れた上司が 再雇用 アカエタカ 再雇用 昨日の部下に 指示仰ぐ 白いカラス

 働き方改革による時短は良いことばかりではないようで「自分のことのようだ」と多くの共感を得ました。再雇用についても立場が違えど同じ気持ちを抱いているように感じます。いつの時代も「働き方」の悩みのタネは尽きません。

メルカリで 妻が売るのは 俺の物 島根のぽん太 子におもちゃ 捨てると言ったら 「イヤ、売って」 しぇありんぐ、え?好みー?メルカリで 妻が売るのは 俺の物 島根のぽん太 子におもちゃ 捨てると言ったら 「イヤ、売って」 しぇありんぐ、え?好みー?

 昔は近所の方とお醤油の貸し借りをしていた時代もありましたが、今はパソコンやスマホの普及で「シェアリングエコノミー」という名称で広がりを見せています。そんなシェアをする妻は「夫の物で」という悲壮感がなんともサラ川らしく、多くの人を笑顔にしました。

  • やくみつるさん 総評やくみつるさん 総評

    1位の句には驚き!確かに「U・S・A」
    は昨年大いに流行ったけれども、児童、学生たちの間でのことと認識していました。流行は若いサラリーマン世代にも浸透していたということなんですね。感覚のギャップはとうに埋めがたいものとなっている…つくづくそんなことを感じた次第です。

  • やすみりえさん 総評やすみりえさん 総評

    いよいよ「令和」が幕を開けました。
    このタイミングで2019年の作品を眺めると、しみじみとしてしまうのは私だけでしょうか。平成という時代の中で大きく広がりを見せた“サラ川”。これから詠まれる句の数々がまさしく「令和」そのものを表していくのだと思うとまた楽しみな気持ちも湧いてきます。

やくさん、やすみさんの選んだベスト10とその講評が楽しめる
最新刊「サラリーマン川柳 くらだし傑作選」(NHK出版)は5月28日発売です。

11位から100位をご覧になりたい方はこちら11位から100位をご覧になりたい方はこちら

※川柳・雅号は、すべて応募者の表記にしたがっているため、一部当て字等での表記で掲載しています。
また、作品の著作権はすべて第一生命に帰属しています。無断での転載、使用はご遠慮ください。