保険に迷えるあなたへ日帰り入院でもドンッとまとめて一時金、ジャスト総合医療一時金保険。
              悪魔「最近の入院は、短いらしいよ?」天使「入院は短くても、お金はかかるのよ!」
              ※「日帰り入院」とは、入院日と退院日が同一の日である場合のことです。

90秒で丸わかり ジャスト総合医療一時金保険って?

動画内で紹介している契約例は基準給付金額40万円のプランです。

無料資料請求はコチラ

お電話での無料資料請求はコチラ 0120-001-008

(月)~(金)10:00~18:00、(土)10:00~17:00 (祝日・年末年始を除く)

今の時代の入院のリアル、知ってる!?

Q.平均入院日数は? A.平均入院日数(一般病床)と日帰り入院患者数は2005年で19.8日、42.4万人。2011年で17.9日、48.3万人。2017年で16.2日、58.8万人。
                     日帰り入院患者数は調査月の日帰り入院患者数を12倍した年間推計です。厚生労働省/「病院報告」「患者調査」より
天使「入院日数は短くなっているのね!」
Q.入院1日あたりの自己負担額は? A.入院1日あたりの医療費・諸費用の自己負担額は2004年で14,700円、2010年で16,000円、2019年では23,300円。
                     医療費については、2004年は高額療養費制度利用前のものを含む金額、2010年・2019年は高額療養費制度を利用した場合は利用後の金額であり、
                     差額ベッド代も含まれます。また、諸費用には食費・交通費などが含まれます。
                     公的医療保険には、医療費の自己負担に限度額を定める高額療養費制度等があり、実際の負担額はケースにより異なります。
                     (公財)生命保険文化センター/「生活保障に関する調査」より
悪魔「入院1日あたりの自己負担額は上がってるんだ!」
医療費とは別にかかる諸費用の例はこんなに。入院中・入院前後にかかる諸費用の例(入院日数14日未満の場合。諸費用は各例の支払いがあった方の平均費用です)
                     食費11,073円、本人の交通費13,759円、家族の交通費13,618円、着替えなどの日用品8,640円、車いす・杖などの機材16,668円、お見舞いのお礼24,229円。
                     2020年1月 第一生命Web調査より
DAIGO「入院日数は短くても、色々お金はかかりそう・・・どう備えたらいいの?」
ジャスト総合医療一時金保険なら日帰り入院でも、ドンッとまとめて一時金。医療保険は一時金で備える時代へ。
                 ※「日帰り入院」とは、入院日と退院日が同一の日である場合のことです。

あなたはいくらで備える?

基準給付金額20万円の場合、一時金(総合入院給付金)は20万円。基準給付金額30万円の場合は30万円。基準給付金額40万円の場合は40万円。
               ※3つの基準給付金額は一例です。
無料資料請求はコチラ

お電話での無料資料請求はコチラ 0120-001-008

(月)~(金)10:00~18:00、(土)10:00~17:00 (祝日・年末年始を除く)

ジャスト総合医療一時金保険3つのポイント

Point1.日帰り入院でもドンッとまとめて一時金による保障、Point2.ニーズに合わせて給付金額が選べる、Point3.第一生命ならでは健診割の適用でお手頃な保険料に(対象となる保険は一定期間保障の場合)
  1. 「日帰り入院」とは、入院日と退院日が同一の日である場合のことです。
  2. 基準給付金額:5万円~50万円(この商品に単体で加入する場合は10万円から)
    収入等によって加入できる基準給付金額の上限が異なります。
  3. 契約時に第一生命所定の要件を満たす健康診断書等を提出することで、健康診断基本割引保険料が適用されます。
  4. 入院・手術等が、病気またはケガの治療を目的としたものでない場合は、各給付金をお支払いできません。たとえば、美容上の処置、正常分娩、疾病を直接の原因としない不妊手術、治療処置をともなわない人間ドック検査のための入院・手術等の場合は、お支払いできません。

気になる保険料は?

基準給付金額20万円の場合、25歳男性で月払保険料1,744円から健診割適用で1,650円
  • 保険契約の型:A型
  • 契約時から10年間※1
  • 基準給付金額:20万円
  • 入院給付金の支払限度の型:1回型
  • 「入院中の手術」の給付割合:基準給付金額の10%
  • 保険料払込免除特約付加なし
健康診断割引特約 健診割。契約時に1回、健診結果を出すことでずっと割引。健康状態によってはもっと割引。
  • 契約時に第一生命所定の要件を満たす健康診断書等を提出することで、健康診断基本割引保険料が適用されます。
  • 健康状態が所定の要件を満たせば、健康診断優良割引保険料が適用されます。

月払保険料(口座振替)

  • 保険契約の型:A型
  • 契約時から10年間※1
  • 基準給付金額:20万円
  • 入院給付金の支払限度の型:1回型
  • 「入院中の手術」の給付割合:基準給付金額の10%
  • 保険料払込免除特約付加なし
契約年齢と保険料(男性)。契約年齢と保険料/健康診断基本割引保険料/健康診断優良割引保険料はそれぞれ
                       20歳で1,650円/1,564円/1,522円、25歳で1,744円/1,650円/1,598円、30歳で1,910円/1,814円/1,746円、
                       35歳で2,190円/2,088円/1,994円、40歳で2,670円/2,560円/2,412円 契約年齢と保険料(女性)。契約年齢と保険料/健康診断基本割引保険料/健康診断優良割引保険料はそれぞれ
                       20歳で2,352円/2,282円/2,272円、25歳で2,856円/2,782円/2,772円、30歳で2,964円/2,886円/2,872円、
                       35歳で2,780円/2,698円/2,676円、40歳で2,648円/2,560円/2,526円
  • 保険契約の型:A型
  • 契約時から10年間※1
  • 基準給付金額:30万円
  • 入院給付金の支払限度の型:1回型
  • 「入院中の手術」の給付割合:基準給付金額の10%
  • 保険料払込免除特約付加なし
契約年齢と保険料(男性)。契約年齢と保険料/健康診断基本割引保険料/健康診断優良割引保険料はそれぞれ
                       20歳で2,475円/2,346円/2,283円、25歳で2,616円/2,475円/2,397円、30歳で2,865円/2,721円/2,619円、
                       35歳で3,285円/3,132円/2,991円、40歳で4,005円/3,840円/3,618円 契約年齢と保険料(女性)。契約年齢と保険料/健康診断基本割引保険料/健康診断優良割引保険料はそれぞれ
                       20歳で3,528円/3,423円/3,408円、25歳で4,284円/4,173円/4,158円、30歳で4,446円/4,329円/4,308円、
                       35歳で4,170円/4,047円/4,017円、40歳で3,972円/3,840円/3,789円
  • 保険契約の型:A型
  • 契約時から10年間※1
  • 基準給付金額:40万円
  • 入院給付金の支払限度の型:1回型
  • 「入院中の手術」の給付割合:基準給付金額の10%
  • 保険料払込免除特約付加なし
契約年齢と保険料(男性)。契約年齢と保険料/健康診断基本割引保険料/健康診断優良割引保険料はそれぞれ
                       20歳で3,300円/3,128円/3,044円、25歳で3,488円/3,300円/3,196円、30歳で3,820円/3,628円/3,492円、
                       35歳で4,380円/4,176円/3,988円、40歳で5,340円/5,120円/4,824円 契約年齢と保険料(女性)。契約年齢と保険料/健康診断基本割引保険料/健康診断優良割引保険料はそれぞれ
                       20歳で4,704円/4,564円/4,544円、25歳で5,712円/5,564円/5,544円、30歳で5,928円/5,772円/5,744円、
                       35歳で5,560円/5,396円/5,352円、40歳で5,296円/5,120円/5,052円
  1. 満期時に契約を更新する場合、更新後の保険料は更新日における被保険者の年齢および保険料率によって再計算するため、同じ保障内容であったとしても、更新前の保険料とは異なります。なお、更新日に健康診断割引特約を取り扱っているときは、更新前の割引料率が更新後も適用されます。

日帰り入院対応

●お支払いするとき・・・病気・ケガにより入院し、「1回の入院」につき、入院日数がつぎの各日数に達したとき。
                       入院給付金の支払限度の型で1回型は入院日数が1日に達したときに入院給付金を1回。2回型は入院日数が1日、30日に達するごとに入院給付金を1回、
                       4回型は入院日数が1日、30日、60日、90日に達するごとに入院給付金を1回。
                       ●支払額・・・総合入院給付金、「1回の入院」につき、入院日数が所定の日数に達するごとに基準給付金額。(お支払いは通算100回まで)
                       ●支払例(基準給付金額20万円の場合)・・・1回型は1日目に20万円を支払い。2回型は1日目と30日目に20万円ずつ支払い。4回型は1日目、30日目、60日目、90日目にそれぞれ20万円を支払い。
  1. 「日帰り入院」とは、入院日と退院日が同一の日である場合のことです。お支払いの対象となる「入院」に該当するかどうかは、医療機関の領収証などで入院基本料の有無などを参考に第一生命が判断します。
  2. 同種の入院給付金の支払事由に該当する入院を2回以上しても、「1回の入院」とみなす場合があります。

契約例と支払事由

  • 保険契約の型:A型
  • 保険期間:10年満期
  • 基準給付金額:20万円
  • 入院給付金の支払限度の型:1回型
  • 「入院中の手術」の給付割合:基準給付金額の10%
お支払いするときと支払額(基準給付金額20万円の場合)について。
                       総合入院給付金は病気やケガにより、1日以上入院したとき「1回の入院」について20万円。
                       手術給付金は病気やケガにより、所定の手術を受けたときに2万円。
                       放射線治療給付金は病気やケガにより、所定の放射線治療を受けたときに2万円。
                       骨髄ドナー給付金は骨髄幹細胞または末梢血幹細胞の採取術を受けたときに2万円。
                       特定自然災害死亡給付金は災害救助法が適用された自然災害により、その発生した日から数えて180日以内に死亡したときに20万円を支払う。
  1. 支払事由に該当する入院を2回以上しても、「1回の入院」とみなす場合があります。
  2. 責任開始の日から1年経過した日以後に骨髄ドナー(提供者)として採取術を受けたときに給付金をお支払いします。
無料資料請求はコチラ

お電話での無料資料請求はコチラ 0120-001-008

(月)~(金)10:00~18:00、(土)10:00~17:00 (祝日・年末年始を除く)

天使「保険の見直しにもおすすめよ!」従来の日額タイプ・総合医療保険との違い。
               25歳・男性の場合、総合医療保険(日額タイプ、2020年12月販売停止、入院給付金日額1万円)と総合医療一時金保険(一時金タイプ、2021年1月発売、基準給付金額20万円)を比較する。
               【ケースA】入院日数が1日だった場合、日額タイプでは1万円、一時金タイプでは20万円。
               【ケースB】入院日数が14日だった場合、日額タイプでは14万円、一時金タイプでは20万円。
               【ケースC】入院日数が30日だった場合、日額タイプでは30万円、一時金タイプでは20万円。
               日額タイプの契約例は保険期間10年満期、月々の保険料2,100円、60日型・入院一時給付金なし型、保険料払込免除特約付加なし。
               一時金タイプの契約例は保険期間10年満期、月々の保険料1,650円、支払回数1回型、健康診断基本割引あり、保険料払込免除特約付加なし。
  • 入院日数や手術の有無などにより、一時金タイプの医療保険の受取額は、日額タイプよりも少なくなる場合があります。
  • 総合医療一時金保険の保険料は、基準給付金額によっては2020年12月販売停止の総合医療保険(日額タイプ・入院給付金日額1万円)よりも高くなります(一部の年齢・性別・契約内容を除く)。

資料請求後の流れ

資料の送付→オペレーターが電話で相談希望を確認→生涯設計デザイナーによる説明・見積もり
無料資料請求はコチラ

お電話での無料資料請求はコチラ 0120-001-008

(月)~(金)10:00~18:00、(土)10:00~17:00 (祝日・年末年始を除く)

注意事項を必ずお読みください

このページは2021年1月時点の商品(特約)の概要を説明したものであり、契約にかかるすべての事項を記載したものではありません。検討にあたっては「保障設計書(契約概要)」など所定の資料を必ずお読みください。また、契約の際には「重要事項説明書類(注意喚起情報)」「ご契約のしおり」「約款」を必ずお読みください。保険・特約の名称は一部を省略して記載しています。